マーケティング

キャッチコピーの作り方 「○○のことなら何でもお任せ」はNGワード

こんにちは、松本忠季です。

 

突然ですがあなたは、自分の事業やブログなどのキャッチコピーに、「〇〇ならなんでもお任せ」のような文章を採用していないでしょうか。

 

実はその文章、マーケティング的には、非常にまずい文章になっています。

 

どのようにまずいのか、詳しく見ていきましょう。

 

「〇〇のことならなんでもお任せ」は、最も顧客を取りこぼす戦略

 

自分の事業にこの文章を採用していない人は街中でよく見かける「〇〇の事ならなんでもおまかせ!」みたいな広告を思い出してください。

 

この文章ですがマーケティングのポジショニング的にいうと、最もまずい位置取りになっています。

 

自分が狙える顧客すべてにアプローチしようとすると、返って顧客を取りこぼしてしまうかです。

 

なぜかというと、キャッチコピーが顧客の心に響かないから。

 

具体的に見ていきましょう。

 

例えば、もしあなたがDVDプレイヤーを直したいと思っているだったとして、次のA,Bではどちらに直してもらいたいと思うでしょうか。

 

A「電化製品のことならなんでもおまかせ!」

B「DVDのことならなんでもおまかせ!」

 

これなら、どちらかといえばBとなるのではないでしょうか。

 

次にこの2つならどうでしょう。

 

A「DVDのことならなんでもおまかせ!」

B「DVDの修理、承ります」

 

これならおそらくBの人に頼みますよね。

 

そうです。相手が絞っていれば絞っているほど、他の競合に圧倒的に弱くなるのです。

 

また、インターネット的にみても、この「なんでも」パターンはおすすめできません。

 

なぜなら、DVDの修理をする人が検索をするときに「DVD なんでも」とは検索しないからです。

 

このような意味でも、キャッチコピーの文章はある程度絞ることが大切ですね。

 

本日はキャッチコピーに「なんでも」はだめ、という話でした。

 

次回は、ポジショニングの理論を使って、どのようにキャッチコピーを作るのか、その方法をご紹介します。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。