教え方

【山本五十六に学ぶ教育術】人に教える時のフレームワーク

人に教えるって難しいですよね。

上手く伝わらなかったり、伝えても上手くやってくれなかったり。

 

しかし、教え方にはある一定のフレームワークがあるのです。

それを早くから見出していた人が日本にいます。それが日本の連合艦隊司令長官を務めた「山本五十六」です。

 

やってみせ 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ

 

本日このフレームワークをご紹介したいと思います。

 

やってみせ 言って聞かせて、させてみて

 

教えるにあたって最初にすべきことは「やってみせる」ことです。

まずは簡単にでいいので、やってみせてどのような作業なのかを相手に教えます。

 

次に言葉で説明しながら、もう一度やり方を説明しましょう。言語化することで、覚えやすくなります。

 

ある程度教えたら、次は実践です。

 

させてみて、上手くいくか確認しましょう。

 

おそらく、先ほどの説明では分からなかったところや、実際にやってみたらつまづくところなんかが出てくると思います。

 

ここでたまに「なんでできないんだ!」みたいに怒ってしまう人もいるのですが、それはだめです。

なぜならまだ、教えるフレームワークは終わっていないからです。

 

根気よく、分かるまで付き添いましょう。

褒めてやらねば、人は動かじ

 

一通り教えて、上手くできるようになったら、褒めましょう。

 

簡単でいいです。「よくやった」とか「上手くできたな」「そんな感じで良いぞ」など、ポジティブな言葉を与えてあげましょう。

 

それだけで、人のモチベーションに繋がります。

 

また、一度相手を肯定することにより、後の指摘もスムーズに受け取りやすくなります。

 

例えば、部品の作り方を教えていて、「もう少しここを曲げてほしいなあ」と言った場合、

 

一度褒めている状態で「もう少しここを曲げてくれる?」と言った場合、「(おおむね大丈夫だが)もう少しここを曲げてくれる?」と伝わります。

 

しかし、褒めていないと「(まだだめだな)もう少しここを曲げてくれる?」と伝わってしまいます。

 

これだけで相手のモチベーションに影響してくるので、なるべく褒めるようにしましょう。

 

ちなみにですが、小・中学生の指導には、「褒めのサンドイッチ」が基本となっています。

http://educwork.com/2018/11/01/%e5%b0%8f%e3%83%bb%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%b8%e3%81%ae%e6%8c%87%e5%b0%8e%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%80%82%e3%80%8c%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bb%e3%81%97%e3%81%84%e3%80%8d%e3%81%ab/

 

このように指導すれば、相手にも分かりやすく伝わると思います。

 

ぜひ試してみてくださいね。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。