経営・ビジネス

【日本唯一】経営の国家資格「中小企業診断士」を取る意味とは? 話題の通勤講座で勉強しよう

こんにちは、松本忠季です。

みなさんは、「中小企業診断士」ってご存知ですか?

中小企業診断士とは、日本唯一の経営の国家資格です。

 

経営コンサルタントを生業としている人や、経営学で有名な一橋大学のMBAの人なんかが取る資格だと思います。

また、経営の総合的な視点を学習、資格化できるので、社長、部長などの会社役員や、これから起業しようという人、また経営を1から勉強したいという人にもおすすめです。

本日は中小企業診断士を取得するメリットと、おすすめの塾について書いていこうと思います。

 

中小企業診断士を取得するメリット

 

1.唯一の経営の国家資格なので、知らない人にもアピールしやすい

まずは、「自分の力量のアピールのしやすさ」です。

特に経営コンサルタントなんかに多いと思うのですが、自分の力量を全く業界に詳しくない顧客に説明するのって、案外難しいんです。

実績を積んでいればそれを紹介するだけでアピールになりますが、その実績が無いとなかなか難しいですよね。

 

そんな時に国家資格の存在はありがたいです。「知識はあるんだな」と顧客に信頼してもらいやすくなります。

 

2.単純に勉強になる

当たり前ですが、これを忘れてはいけません。

私は大学時代、経営の勉強をして来ませんでした。そのため経営の知識はほとんど素人の状態でした。しかし中小企業診断士の勉強によって、基礎の経済学から財務諸表の見方、はたまた中小企業に関連する法律も学ぶことができました。

 

もしかしたら法律の部分なんかは、これから起業する人なんかは知っておきたい知識かもしれませんね。

 

また、業務で経営のコンサルなんかをやっている人は、なかなか普段やっている知識から遠い知識って得づらいですよね。

そういった遠い知識を学ぶためにも、一度挑戦してみると良いかと思います。

 

3.人脈作りのきっかけになる

中小企業診断士は、合格すると実務研修と呼ばれる研修に参加することになります。

そこで他の合格者さんたちと知り合える機会を得るわけです。

これに合格する人たちは、先ほど出てきた様な「経営コンスタント」や「起業している」人たちですので、その場で仕事を紹介してもらったり、逆に助けてもらうことがあるかもしれません。

普通の資格ですとあまり無い光景だと思いますが、診断士は「経営」に携わる人が多く受験する資格ですからね。

そういったところも診断士の魅力の1つです。

 

すきま時間を勉強に活用できるかがカギ

さて、ここまでで受験しようと思った皆さんに1つアドバイスです。

勉強の方法はいろいろありますが、私はすきま時間を上手く使って勉強できるかがカギになると思っています。

 

というのも、まとめて時間をとるってなかなか難しいですよね。

 

ちなみにですが、診断士を合格するのにかかる勉強時間は1,000時間と言われています。

私が購入した教科書のページ数を紹介しますと、300ページほどの教科書が7科目分ありました。実に合計2,100ページです。

 

これだけの量をこなそうと思ったら、1日の空いている時間を効率良く使って勉強しなくてはなりません。

 

そこで活用するのがすきま時間です。

通勤に使う電車の中。お店で晩御飯を頼んだ待ち時間などなど、空いている時間を使って勉強をしましょう。

最近ではこちらの通勤講座のように、スマホで受講もできたりします。

動画での受講ですから、いつでもどこでも勉強ができますよね。

 

また、テキストの説明って、少しわかりづらいんです。しかも、重要単語が多すぎて、本当に重要な単語はどれか分かりづらかったりします。

 

その点、講座形式でしたら、ピンポイントで覚えなくてはいけない単語を教えてくれますから、勉強の効率化にもなります。

 

ちなみに先ほど紹介した通勤講座は、受講生が30,000人を突破し、オンライン講座としてはNo.1の人気があるようです。無料講座もあるようなので、興味がある人は1度見てみると良いかもしれませんね。

 

頑張って、一緒に中小企業診断士の資格を取りましょう!

 

 

本日は以上となります。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。