クレジットカード

楽天カード&楽天ポイントを使ってお得に投資をはじめよう!

こんにちは、松本忠季です。

みなさんは楽天ポイントで投資ができることをご存知でしょうか。

2017年8月からはじまったサービスが楽天ポイント投資です。これは楽天カードを使ったお買物に付与される楽天ポイントを使って、楽天証券で投資信託を購入できる驚くべき仕組みなのです。

 

とても美味しい制度があるので、それを上手に活用していく方法を解説していきます。

ここでは楽天カードと楽天証券の口座開設(理想は楽天銀行もあわせて)をしてからのお話となります。

 

 

投資信託は100円から楽天ポイントで購入可能

楽天証券では楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるのに加えて、100円から投資が出来ます。1ポイント1円から利用可能で、こちらも100円以上1円単位で購入できるのです。ポイントが貯まっていて使い道がなかったり、現金購入で迷っている方、お得に投資したい方にはメリットだらけなので、ぜひ活用をオススメするサービスと言えます。

なお、期間限定ポイントや他ポイントからの交換保有の楽天スーパーポイントでは購入できないので、そこは注意が必要です。

 

 

楽天カードで投資信託が買える!

楽天証券の投資信託は、楽天カードで購入と積立の両方ができます。積立の設定をしておくだけで、指定の銀行口座から引き落とされるので、とても便利です。とはいえ、楽天カードでの買い物とは異なり、この場合は楽天ポイントは付与されませんでしたが、2018年10月27日から楽天カード引き落としの投信積立もポイント付与されることになりました!

なんと、楽天カードの引き落としで投信積立の場合でも、毎月購入金額(上限5万円)の1%分の「楽天スーパーポイント」が貯まるようになります。つまり、年間最大60万円分の購入で1%のポイント還元だと、6000ポイントも付与されることになります。カード購入だけで利回り1%確保できるのです。楽天カードの引き落としにすることで、残高不足で積立ができない、なんてことも防ぐことができます。ぜひ活用したいところです。

 

 

オススメは楽天・全米株式インデックスファンド

 

世界全体に分散投資するよりもアメリカ限定の方が運用リターンが高くなりやすい

楽天・全米株式インデックスファンドは、その名のとおり全米全体に分散投資する投資信託です。そしてなぜ全世界への分散投資ではなく、アメリカなのかというと、今後数十年にわたって世界経済を引っ張り続ける国であることに間違いがないからです。しかも日本と違って人口が増加している数少ない先進国なのです。国内出生率こそ「1.82 %」と、人口増加するための条件である出生率2%を切っていますが、その分を移民が補っているのです。つまり経済が発展していくための好条件が揃っているといえます。そういう理由から、全米に投資することをオススメしています。

 

インデックスファンド……株価に連動するように設計された投資信託のことで、長期投資に向いている。

 

楽天全米株式インデックスファンドの信託報酬が低い

信託報酬が年0.1696%と日本の投資信託の中でも最安クラスであり、またノーロードのため売買手数料がかからないという優れものです。さらに、日本で初めて円建てで直接米国株を購入できる画期的な仕組みが整備されているのです。こう考えると、いかに投資家に有利な商品かわかるはずです。

 

おわりに

積み立ての成果を実感するには10年以上かかるはずです。長期で運用する間に、経済は高不況を繰り返します。例えば投資を始めた直後に、2008年に起きたリーマンショックのような下落が起きたとしても、コツコツ続けなければ成果は出ないのです。そこでオススメするのが、毎月、楽天銀行口座からの自動引き落とし設定をすることです。年に数回、運用成績を確認するだけでいいのです。そういった習慣を作ることで、長期で継続ができるはずです。せっかく投資をはじめたら、ぜひ継続して続けていきましょう。

楽天カードの申し込みはこちら
本日はここまでです。
お読みくださり、ありがとうございました。
関連記事