お金

あなたがお金持ちになるために、手にするべき4つの収入源とは

こんにちは、松本忠季です。

本日はお金持ちになるために4つの収益源を作ろう、という題材で記事を書いていこうと思います。

 

あなたは、1つの収入源から収入を得るだけでお金持ちになれると思っていないでしょうか。

 

お金持ちになるためには、「出世」の道こそが、収入を上げる唯一の道であるように思われがちです。

 

そのため、「自分は出世コースに乗っていないから」「自分には仕事の才能が無いから」と感じてしまい、「自分はお金持ちになれない」と思ってしまう人は非常に多いです。

しかし、それは収入源が1つしかないから、そのような思考に陥ってしまうのです。

 

本日は、あなたがお金持ちになるために確保したい収入源を4つご紹介します。

この収入源をなるべく作って、あなたもお金持ちに近づいてくださいね。

 

4つの収入源とは

4つの収入源とはこちらです。

 

  1. メインの収入
  2. 事業収入
  3. 不動産投資による収入
  4. 配当収入

一つずつ簡単に見ていきましょう。

 

1.メインの収入

メインの収入とは、自分の主な収入源になるものです。

サラリーマンの給料や役員報酬など、労働の対価として受け取る収入源がこれに当たります。

 

この収入源がある限り、あなたが飢えることはありません。この収入源は、後述する3つの収入が安定するまで確保しておく必要があります。

 

逆にいえば、後述する3つの収入源が安定しだしたら、このメインの収入のために働く必要は無いといってもいいでしょう。

働かずに過ごしたい!という人はこのメインの収益がなくても生きていけるようになるのがゴールと言えるかもしれません。

 

2.事業収入

 

次は事業収入です。

 

あなたは今会社で働いているという人がほとんどだと思います。そうではなく、あなたがオーナーとして事業を行い、その収入を得るというのが2つめの収入源です。

 

オーナーとして事業を立ち上げることで、実務は労働者に任せ、自分は意思決定のみを行う事で効率よく収入を得ることができるようになります。

 

お金持ちになるためになぜオーナーを目指さなくてはいけないのかは、下記のリンクを参考にしてみてください。

金持ち父さんに学ぶ。なぜお金持ちになるためにはオーナーや投資家を目指すのかこんにちは、松本忠季です。 みなさんはこの図をご存知でしょうか。 金持ち父さん貧乏父さんで紹介されて...

 

また、事業を経営するメリットはこれ以外にもあります。

それが節税対策です。

 

効率よく「経費」として計上したり、自分の得すぎた収入を事業に投資することで、とられる税金を少なくすることが可能になります。

 

後述する不動産投資なんかと組み合わせて「不動産経営事業」なんかにすると効果的なので節税の参考にしてみてください。

3.不動産投資による収入

次に不動産収入です。

これは分かりやすいですね。不動産を得ることで、家賃収入を得ることができます。

不動産投資の利回りは8.4%と割と良い。メリットとデメリットの紹介こんにちは、松本忠季です。 みなさんは不動産投資をしていますか。 「投資をやってみたいけど、何から手をつければいいか...

上記記事でも紹介されていますが、ローンの払いなどを利用して所得税を節税する効果も見込めます。

 

また、適切な不動産を得ることができれば、安定した収入が得られるというのも心強いですね。

 

 

4.配当収入

最後は配当収入です。

 

ご存知、企業の株を取得し、その配当収入を得るという方法です。

 

実はお金持ちになるためにはこの配当収入が大きなカギになってきます。

 

というのも上記3つの収入は所得税の影響をもろにうけてしまうからです。

所得税は収入が1000万円を超えると、45%の税金がかかってしまうため、手取りが大きく目減りしてしまうのです。

 

しかし配当収入であれば、例えその収入が1000万、2000万になろうと一律で20.315%となっています。

 

そのため、資金を大量に手に入れた後であれば、株に還元して配当収入を得られる仕組みを作っておくと良いのです。

 

メインの収入から他3つの収入源にどれだけ投資できるかで収入は変わる。

 

このように4つの収入源を確保できれば、それぞれからの収入が期待できます。

特にメインの収入以外の3つの収入源は自分が働かなくても収入が入ってくる仕組みになっています。

 

メインの収入から、どれだけこれら3つに投資できるかで増やせるお金の量は変わってきます。できるだけ投資するようにこころがけたいですね。

 

本日はここまでです。お読みいただきありがとうございました。