経営・ビジネス

投資家思考と労働者思考の違いで、なぜ収入に差が出るのか

こんにちは、松本忠季です。

今日は投資家思考と労働者思考の違いという話をしていきたいと思います。

 

投資家思考、労働者思考、皆さんは普段どちらの思考をしているでしょうか。ぼくもそうなのですが、意識していないと労働者思考になりがちなんですよね。

 

しかし当然ですが、投資家思考の人の方が労働者思考の人より収入が上になります。今日は投資家思考と労働者思考の違いを確認し、どうすれば投資家思考になれるのかを詳しく見ていきましょう。

投資家は今儲かるかどうかは考えていない

 

投資家タイプの人は、今儲かるかどうかは考えていません。それが未来で利益を生むかどうかを考えているからです。ですから、今儲からなくても、またむしろ赤字になってしまっても気にしません。将来利益を生むことを信じて仕事ができる人。それが投資家タイプです。

労働者は今儲からないとやらない

 

逆に労働者タイプは、今儲からないとやりません。目先の利益を追い求めてしまいます。もちろん、この働き方を否定するわけではありません。目先の利益を追い求めないと、今食べていくことができないからです。これも必要な働き方です。

しかし、この思考だけでは足りません。この思考だけだと、あなたは一生働き続けることになるからです。

投資家タイプの考えを取り入れ、投資をするという感覚を持つ。

まずは投資家タイプの思考を取り入れましょう。

あなたやあなたの資産に労力やお金を投資するのです。ここでいう資産は様々な領域が該当します。投資家思考で考えたとき、私が最もおすすめするのは「自分のビジネス、商品」に投資をすることです。自分のビジネスをブラッシュアップして、価値を高め、値段をあげる努力をするということですね。

 

他には不動産投資や、株式投資なども、将来お金を生む資産という意味では該当するでしょう。他には、自分に投資するという考え方もあります。お金を生み出すのはあなたですから、あなたの価値を高めるため、本を買ったり、セミナーに参加をするという投資ですね。

自己投資が最も効率の良い投資術 -具体的な自己投資の方法一覧-こんにちは、松本忠季です。 突然ですが皆さん、投資をしていますか? 一般的に言われている投資ですと、株式投資や不動産投資を思いつ...
自己投資だけではダメ。学び+実践で自己投資効果を最大まで高めようこんにちは、松本忠季です。 みなさんは自己投資していますか?本を読んだりセミナーを受けたり、はたまたメンターに直接教えを受けたり、...

 

これらの効果は、総じてすぐに現れないのが辛いところです。早くても1年はかかるでしょう。しかし、この投資家タイプの思考は、きっとあなたの収入の助けになってくれるはずです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。