株式投資

2020年の大統領選でGAFAの株価が下がる?google、amazon、facebook、apple

こんにちは、松本忠季です。

 

アメリカではすでに2020年の大統領選に向けて、準備が進んでいることをご存知でしょうか。アメリカの大統領選は日本と違ってかなり大規模になるので、1年以上前から準備が始まるんですね。

現大統領のドナルド・トランプ氏は、大統領続投をすでに表明していますが、そのほかにはだれが立候補する、しないの話が良く持ち上がるようになりました。

 

私も少し気になって調べていたのですが、その中に非常に気になる人物が1人いたので紹介したいと思います。彼女が大統領になった場合、GAFA、つまりgoogle amazon facebook appleの株価が大幅に下がる可能性を含んでいるのです。

 

ウォーレン議員が大統領になると、GAFAが解体されるおそれがある

 

その議員の名前は、エリザベス・ウォーレン議員です。

彼女は大統領になると、GAFA解体を公約に掲げています。

 

ウォーレン議員の発言を一部抜粋

同氏は各社について、問題点を挙げた。FacebookはInstagramとWhatsAppの買収による市場の寡占、Amazon.comはDiapers.comの買収やマーケットプレイスで評判の良い製品の類似品をAmazonブランドで販売すること、GoogleはWazeDoubleClickの買収、Google検索での競合他社製品の降格(Googleは認めていない)などに言及した。

ウォーレン氏は、自分の政権では、年収が250億ドル以上のIT大手企業を「Platform Utilities」と定義し、自らは自社のプラットフォームに参加できないようにする法律を施行し、さらに対象企業の「反競争的合併を解消」させていくという。例えばAmazonの場合はWhole FoodsとZappos、GoogleはWaze、Nest、DoubleClickが対象だ。

こうした解体により、「米国は最先端のハイテク企業の輩出において世界をリードし続けることができる。これが、インターネットの未来を守る方法だ」と語った。

 

要は、「あいつら、他の小さい企業たちをどんどん買収して大きくなってるから、それをやめさせようぜ!あいつらだけが利益を独占するような状況は市場的に良くないよね!」

ということを語っているようです。

 

実際、現在のシリコンバレーで起業というと、昔は「0からビジネスを始めて大きくさせる」という状態だったのが、現在では「0からある程度まで大きくし、大企業に買収してもらう」という戦略に変わっているようです。

 

たしかに、健全な競争が行われる資本社会が理想とされていますが、それでもGAFAへの経済的打撃は測りしません。

 

法律で定められてしまえば、GAFAの人たちの成長減速につながります。

そのため彼らの株価低下につながってしまう可能性があるということです。

 

私としては、目先の利益だけを求めれば彼女には当選してほしくないと言わざるを得ません…笑

 

まあ、大統領選は各党首の代表が決まってからようやく大統領の可能性が出てくるので、まだ心配する必要はないと思いますが、今後も注意深く見ておく必要はあるでしょう。

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。