キャッシング

離婚後の住宅ローンの名義を変えたいときはどうすればいいの?

こんにちは、松本忠季です。

「家の住宅ローンがあるのに、離婚してしまった」

「離婚してしまったけど、家を売らずに住み続けたい」

離婚のときってやる手続きが非常に多いですが、その中で「住宅ローンの手続き」を忘れてしまう場合があったりします。

 

今日は「忘れてしまうと意外と困る話」をご紹介したいと思います。

離婚時の住宅ローンのトラブルが意外と増えている

そもそも最近は、家を買う上で「共同名義」となっている場合が非常に多いようです。

理由は昔より共働きの世帯が増えたからのようですね。

住宅メーカーとしては購入予算は高ければ高い方がいいので、夫婦の年収を合わせて予算はいくら、と決めるケースが多いようです。

 

この共同名義が離婚の際に足かせとなってしまうみたいなんですね。

何かと名義を変えておきたい事情は多い

このような悩みを抱えている人は意外と多いようです。

離婚する際は、財産分与やその他の取り決めを離婚協議書というものにまとめたりすることがあります。例えばそこに「家は妻のもの。ローンは2人で払う」等と書かれていれば、それはローンは元夫が払い続けながら、家は妻のものとして認定されたりします。

 

しかし、そう取り決められていても「自分の名義ではない」というのは心配というもの。

しかし不動産の名義をローン側に何も言わず変えてしまうと、ローン契約違反になってしまいます。

 

こういった法的なケースは、当本人たちだけではなんともできない場合が多いです。

 

そういう悩みをお持ちの方にぴったりのサービスがあります。

離婚後の住宅ローンのお悩み解決サービス

離婚後に家をどうするか、意外に扱いが難しいですよね。特に名義が自分のものになっていなかったりすると大変ですよね。

そんなときに相談しやすいのがこちらのJMPPサービスです。


こちらで相談することで、先ほどの悩みである「ローンと不動産の名義変更」を行うことができます。

しかも全国対応可で、電話やメール、郵送で完結することができます。つまり、直接窓口に足を運ぶ必要が無いんですね。これは非常に楽ちんです。

 

住宅ローン借り換えのプロ(住宅ローン診断士)が対応してくれるので、安心して任せることができます。

気になる方は申込だけでもしてみるといいかもしれませんね。

 

離婚後の住宅ローンの相談はこちらから

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事